株式会社JTB商事 建装デザイン部

女性専用カプセルゾーン。明るい木目調パネルに白とピンクが可愛らしい女性専用のキュービックルームです。

女性専用カプセルフロア内フリーラウンジ。別注のドレッサー台は女性のメイク時の意見を取り入れ、窓付近に設置し、照度にも配慮。

女性専用カプセルルーム共用廊下部。エレベータ出入口にはセキュリティカード対応自動ドアを導入。和菓子のオブジェを置くなど、地域色や遊び心を感じられる空間を演出するほか、間仕切付の個人用スペースも設置しました。

男性専用カプセルゾーン。黒を基調としたシックで落ち着いた男性専用キュービックルームです。

男女兼用共用廊下部。パソコンを使った仕事やスマートフォン等で観光スポットのチェックを行えるようUSBやACコンセントを各カウンターに用意しました。

居心地重視のカプセルフロアで
新たなビジネスホテル業態を提案

松江駅前地区を中心にビジネスホテルを5棟展開される松江アーバンホテル様。新しい客層(特に20~34歳のF1層の女性客)の開拓、他グループホテルとの差別化、松江エリアの地域観光活性化を見据え、稼働の低下していた会議室スペースを男女別専用フロアのカプセルルームへと転換しました。
カプセルルームは「キュービックルーム」と名付け、昇降の利便性を重視し、コトブキシーティング社の新商品である千鳥配列の2段式カプセルベッドをいち早く導入。フロントマスクの天然木パネル及びカプセルベッド内部仕上げ材等は別注色を採用し、デザイナーの意匠に合わせカスタマイズしました。
内装デザインはもちろん、造作家具やナイトウェアにもこだわり、特に女性フロアの開発には慎重に打合せを重ね、滞在時の過ごしやすさやSNS映えも意識。従来のカプセルルームの窮屈で無機質なイメージを払拭する為、とりわけ多くの女性の意見を反映しました。

2018年5月~7月
カプセルルーム新設工事

島根県 松江市
松江アーバンホテル 2号館

地域別紹介 館内施設別紹介